福島県川俣町

川俣西部工業団地

川俣町の概況

ホーム > 川俣町の概況

川俣町の概況

本町は県都福島市から南西22kmに位置し、阿武隈山系の豊かな自然に恵まれた町です。古くは江戸城御用達の川俣絹を生産するなど国内有数の絹織物産地として発展し、明治から昭和の時代には輸出花形商品である羽二重を織り出しました。近年は産業構造の変革により、輸送用機械器具などの製造業が主力となっていますが、絹織物が隆盛を誇った時代に持ち込まれた一流の品々、風習は今も町に残り、都や世界の一級品に触れてきた文化は、先取の気質やチャレンジ精神旺盛な気質を育み、農業や工業のものづくり、盛んなイベント・交流に垣間見ることができます。

町勢

面積 127.70㎢
人口 14,036人
(平成27年9月1日現在)
世帯数 5,076世帯
(平成27年9月1日現在)
合計特殊出生率 1.40(平成20~24年)
(人口動態保健所・市区町村別統計)
生産年齢人口割合 56.9%(平成22年国勢調査)
年少人口割合 11.3%(平成22年国勢調査)
就業者数 7,238人(平成22年国勢調査)
第1次産業就業率 9.8%(平成22年国勢調査)
第2次産業就業率 42.1%(平成22年国勢調査)
第3次産業就業率 48.0%(平成22年国勢調査)
工業の事業所数(従業者4人以上) 51箇所
(平成24年工業統計調査)
工業の従業者数(従業者4人以上) 2,153人
(平成24年工業統計調査)
工業の製造品出荷額等(従業者4人以上) 34,030百万円
(平成24年工業統計調査)
商業の事業所数 158箇所
(平成24年経済センサス活動調査)
商業の従業者数 814人
(平成24年経済センサス活動調査)
商業の年間販売額 14,396百万円
(平成24年経済センサス活動調査)

気候は内陸性気候に属し、1年を通じて四季を感じることができます。春と秋は降水量が少なく温和な日が多いものの、冬は気温が低下し降雪も少ないことから乾燥した日が多くなっています。年間で見た気象条件は、平均気温12.2℃、平均湿度65.3%、積算雨量992.9mmとなっています。

平均気温 12.2℃
平均湿度 65.3%
積算雨量 992.9mm

川俣町の気候1
2010~2014年までの5年間の気象年報の平均値

川俣町の気候2

川俣町公式ホームページはこちら

観光・イベント

コスキン・エン・ハポン(10月開催)

コスキン・エン・ハポン

愛好者が集う国内最大のフォルクローレ(中南米音楽)の祭典です。
本場アルゼンチンコスキン市で開催される祭典への日本代表が選考されます。
» 詳しくはこちら

川俣シャモまつり(4月と8月開催)

川俣シャモまつり

ブランド地鶏川俣シャモの焼き鳥や親子丼などを堪能できます。
長い丸焼きに挑戦するイベントもあります。
» 詳しくはこちら

お問い合わせcontact

ご相談・ご質問などお気軽にお寄せください

川俣町産業課商工交流係
川俣町産業課商工交流係
〒960-1492
福島県伊達郡川俣町字五百田30番地

024-566-2111
024-566-2438

メールでお問い合わせ